カマグラゴールの服薬タイミング

飲食に混ざることで吸収が低下し、カマグラゴール効き目が減弱する可能性があります。その程度は、バイアグラに比べれば少なくなっておりますが、やはり、食後すぐの服薬は避けた方が無難です。飲食の影響が出た場合は、カマグラゴール効き目が減弱したり、カマグラゴール効き目発現が遅延します。空腹時の服用を心掛けることにより、カマグラゴールのカマグラゴール効き目発現のタイミングとピークまでの時間を、ご自身で把握し、コントロールすることが可能となります。
一般的には、セックスは夜されることが多いかと思います。夕食後のタイミングになるかと思います。その場合は、出来るだけ飲食から時間を空けて頂下さい。胃内容物を空になるまで時間を空け、その後、服薬するのがカマグラゴール効き目的です。具体的には、食後2時間程度必要です。勿論、この待機時間は、飲食内容に左右されます。脂質の多い飲食との相性が良くありません。
しばしば見受ける失敗例を挙げます。記念日等で、奥様とディナーへ出かけフランス料理やワイン等を食した場合、夜に備えて体力を付けるべく肉料理を多く食した場合です。 このような場合は、より長い間隔を空けなければ、十分なカマグラゴール効き目が得られないかもしれません。
反対に、脂質が少ない和食などであれば、影響を受けなかったり、食後1時間程度空けて頂ければ十分な場合もございます。カマグラゴールの特徴は、即効性と飲食の影響の少なさ、副作用の少ないことです。飲食の影響が少ないとは言え、食直後の服用はおすすめ致しませんが、ある程度時間を空けて服薬して頂ければ、バイアグラよりも安定したカマグラゴール効き目が得られます。
また、多少の飲食の影響が予想され、カマグラゴール効き目が減弱するタイミングであっても、それを見越して、強力なカマグラゴールを使用するといったことも考えられます。ただ、最高に効かせたい場合は、空腹時、行為の30分前後前もっての服用をお勧めします。